インナーコネクタと
アウターコネクタの違い

G-Funのコネクタには、接続の仕様でインナータイプとアウタータイプがあります、
双方の違いについて解説します。

フレームとの結合

フレームの中に差し込むフレームとの段差なし

をフレームと結合したときのイメージ画像

フレームにかぶせるフレームとの段差がある

をフレームと結合したときのイメージ画像
力の伝わり方
の力の伝わり方を説明するイメージ画像

:上からの締め付け

:下からの締め付け

ボルトとナットによるコネクタの締め付け(赤矢印)により、つかんだフレームの突起を締め付けると同時に、差し込み側が外に広がりフレームを保持します(ピンク矢印)。

の力の伝わり方を説明するイメージ画像

:上からの締め付け

:下からの締め付け

ボルトとナットによるコネクタの締め付け(赤矢印)が、つかんだフレームの突起と差し込み側のフレーム側面に伝わります(ピンク矢印)。

寸法
Nの寸法画像
Nの寸法画像
Sの寸法画像
Sの寸法画像
Gの寸法画像
Gの寸法画像
代表対応フレーム
GFunフレームNのイメージ画像

GFunフレームN

GFunフレームNF35のイメージ画像

GFunフレームNF35

GFunフレームNWのイメージ画像

GFunフレームNW

GFunフレームNのイメージ画像

GFunフレームN

GFunフレームNTのイメージ画像

GFunフレームNT

GFunフレームNHのイメージ画像

GFunフレームNH

GFunフレームNLのイメージ画像

GFunフレームNL

GFunフレームSのイメージ画像

GFunフレームS

GFunフレームSF22のイメージ画像

GFunフレームSF22

GFunフレームNSWのイメージ画像

GFunフレームNSW

GFunフレームSのイメージ画像

GFunフレームS

GFunフレームSSのイメージ画像

GFunフレームSS

GFunフレームSHのイメージ画像

GFunフレームSH

GFunフレームGのイメージ画像

GFunフレームG

GFunフレームGのイメージ画像

GFunフレームG

すべり荷重(N):800
コネクタ1つで耐えられる力(すべり荷重)は約80kgの荷重に相当する800N ※矢印の方向に荷重を加えた場合
※コネクタの数により値は変化します

すべり荷重(N):800
コネクタ1つで耐えられる力(すべり荷重)は約42kgの荷重に相当する420N ※矢印の方向に荷重を加えた場合
※コネクタの数により値は変化します

引抜荷重(N):420
※矢印の方向に荷重を加えた場合

引抜荷重(N):420
※矢印の方向に荷重を加えた場合

許容モーメント(N・m)
縦:9
※矢印の方向に荷重を加えた場合

許容モーメント(N・m)
縦:11
※矢印の方向に荷重を加えた場合

許容モーメント(N・m)
横:6
※矢印の方向に荷重を加えた場合

許容モーメント(N・m)
横:5.5
※矢印の方向に荷重を加えた場合

すべり荷重(N):360
※矢印の方向に荷重を加えた場合
※コネクタの数により値は変化します

すべり荷重(N):280
※矢印の方向に荷重を加えた場合
※コネクタの数により値は変化します

引抜荷重(N):300
※矢印の方向に荷重を加えた場合

引抜荷重(N):400
※矢印の方向に荷重を加えた場合

許容モーメント(N・m)
縦:3
※矢印の方向に荷重を加えた場合

許容モーメント(N・m)
縦:3
※矢印の方向に荷重を加えた場合

許容モーメント(N・m)
横:1.2
※矢印の方向に荷重を加えた場合

許容モーメント(N・m)
横:1.2
※矢印の方向に荷重を加えた場合

すべり荷重(N):1700
※矢印の方向に荷重を加えた場合
※コネクタの数により値は変化します

すべり荷重(N):2500
※矢印の方向に荷重を加えた場合
※コネクタの数により値は変化します

引抜荷重(N):1000
※矢印の方向に荷重を加えた場合

引抜荷重(N):690
※矢印の方向に荷重を加えた場合

許容モーメント(N・m)
縦:50
※矢印の方向に荷重を加えた場合

許容モーメント(N・m)
縦:66
※矢印の方向に荷重を加えた場合

許容モーメント(N・m)
横:30
※矢印の方向に荷重を加えた場合

許容モーメント(N・m)
横:15
※矢印の方向に荷重を加えた場合

締結方法
の締結方法を説明するイメージ画像

1. ボルトを緩め、フレームにインナーコネクタを差し込みます。

2. コネクタの溝にフレームの突起面を挟みます。

3. レンチでボルトを締めます。

の締結方法を説明するイメージ画像

1. ボルトを緩め、アウターコネクタにフレームを差し込みます。

2. コネクタの溝にフレームの突起面を挟みます。

3. レンチでボルトを締めます。